近年の東京&横浜名所めぐり
 

藤子・F・不二雄ミュージアム(2011年)

藤子・F・不二雄ミュージアムとは

神奈川県川崎市多摩区に立地する、子供からお年寄りまで楽しめる藤子・F・不二雄ミュージアム。ドラえもん、パーマン、キテレツなどでお馴染みの藤子・F・不二雄のミュージアムでは、全てが藤子・F・不二雄ワールド。子供の頃、夢見た世界が目の前に広がって、少し不思議でとても温かく、時間を忘れて過ごせる施設です。氏の最期を過ごした川崎市に2011年にオープンした新しい博物館で、漫画家藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。

話題の名所

藤子・F・不二雄ミュージアムについて

藤子先生の歴史を学べる場所で、原画をみることでより深い藤子ワールドへいざなってくれます。大人が見れば懐かしさがいっぱい。子供が見れば見たことが無いキャラクターがいっぱい。川崎市多摩区の生田緑地に掛かる小田急電鉄所有の約2.9km2の土地(2002年まで向ヶ丘遊園として営業された跡地を含む[4])のうち約5.5haを川崎市役所が賃借し、藤子プロ側の負担によりその土地にミュージアムの建物の建設を行い、竣工後に建物を川崎市へ寄贈しました。運営にあたっては指定管理者制度を導入していて、2011年2月7日には、川崎市議会において、株式会社藤子ミュージアム(本社は東京都新宿区。藤子プロが設立した関連会社とされる)が指定管理予定者に選定され、同時にミュージアムの営業概要が川崎市から発表されました☆彡

藤子・F・不二雄ミュージアムとバス

藤子・F・不二雄ミュージアムの開館に伴い、2011年8月22日より川崎市交通局(川崎市バス)と東急バスの向丘遊園停留所が、藤子・F・不二雄ミュージアム停留所に名称変更されました(ノ゚ο゚)ノシャトルバスには、登戸駅と当ミュージアム敷地内に、それぞれ専用の停留所が用意され、併せて小田急小田原線登戸駅と向ヶ丘遊園駅の列車接近メロディが藤子・F・不二雄作品のアニメ主題歌にそれぞれ変更となりました☆彡

藤子・F・不二雄ミュージアムの入館方法

入館方法は三鷹の森ジブリ美術館と同様の「事前予約制」を用いていて、入館者数を一日2,000人に制限しています。入館の際には音声ガイダンス装置「おはなしデンワ」が貸与されます☆日本語のほか、英語、中国語、韓国語の4言語が用意され、日本語版は大人用と子供用の二種があります(´∀`)装置はスピーカーの音声を聴く仕様ですが、イヤホンジャックもあり、持参したイヤホンで聴くことも出来ますよ(*^_^*)

チケット

藤子・F・不二雄ミュージアムのチケットは、ミュージアムでは購入出来ません(><)ローソンのロッピーなどで購入する必要があります。ネット予約してから、数日以内に購入が必要で、予約後、キャンセルとなることもありますので注意が必要です。

藤子・F・不二雄ミュージアムの沿革

  • 2007年(平成19年)3月 - 生田緑地の向ヶ丘遊園跡地を候補地に決定。
  • 2008年(平成20年)12月 - 藤子・F・不二雄ミュージアム基本構想を策定。
  • 2009年(平成21年)9月 - 藤子・F・不二雄ミュージアム基本計画を策定。
  • 2010年(平成22年)10月 - 川崎市議会にて藤子・F・不二雄ミュージアム条例案を可決、成立。
  • 2011年(平成23年)9月3日 - 開館。
  • 2013年(平成25年)1月15日 - 環境省主催の「省エネ・照明デザインアワード2012」公共施設・総合施設部門において、「作品を忠実に演出する演色性の高い展示用LED照明を有効活用した美術館」として優秀事例に選出。 8月28日 - 入場者数が100万人を突破。

藤子・F・不二雄ミュージアムのレストラン・カフェメニュー

藤子・F・不二雄ミュージアムのレストラン・カフェで人気のメニューをご紹介します!

四次元ポケットサンド
ハムやサラダが入ったピタパンのサンドイット。タケコプター型のチーズが可愛い!
フレンチトースト de アンキパン
ドラえもんのひみつ道具の一つ暗記パンも、美味しいフレンチトーストに!
ホワイトチョコムースのドラみみケーキ。
ドラえもんはもともと黄色だったのですが、ネズミに耳をかじられたショックで泣き続けていたらメッキがはがれて青くなっちゃったんです。
ドラえもんメンチ
ドラえもんの絵柄が入ったメンチカツをテイクアウトできます。
四次元キッズプレート
お子様にはこちら!コロ助のコロッケ、タケコプター型のチーズがのったハンバーグ、暗記パンのラスクなど盛り沢山!
ドラえもんのどら焼き
ドラえもんと言えばこれ!ドラえもんがいつも食べているどら焼きはこのどら焼きなのかな?
キャラクターラテアート入りのカフェラテ
ドラえもんやドラミちゃんの絵柄が入ったカフェラテを食後にどうぞ。
ジャイアンとカツ丼
カツ丼にジャイアンの顔が描かれています。サイズもジャイアント!
ふわふわ卵のドリアもん
ドラえもん、ドリアもん、ダジャレですねw ドラえもんの絵が描かれたドリアです。

注意点

入館時
  • 自動車での来館は不可。ただし、車椅子利用者のみ、駐車場の事前予約が可能。
  • ベビーカーでの入館は不可。入館時に専用のベビーカー置き場に預けることができます。
  • ペットの入館は不可。預ける施設ありません。ただしパートナー犬(介助犬、盲導犬、聴導犬)は入館可能。
  • ネズミの入館は不可。
  • 荷物置きとしては館内にコインロッカー(保証金100円が必要、取り出し時に返却)があり、専用の荷物室に預けることもできます(無料)。荷物室に預けた荷物は、係員に番号札をもらい、荷物を引き取る時は番号札と引き換えにする仕組みです。
館内
  • 館内は禁煙。
  • 飲食物持ち込み不可。ただし離乳食は可。アレルギー持ちは応相談。
  • 展示エリア・Fシアター内の写真・ビデオ撮影・携帯電話・筆記用具使用は不可。
  • カフェ・ショップのみの利用でも、入館チケットが必要。

横浜といえば

バイク 自動車 回収を希望される方も対応しております。 これから先使うかどうか分からない、けれどどうしたら良いのかとお悩みでしたらEARTHプランニングまでご相談下さい!

藤子・F・不二雄

1933年12月1日生まれ。本名は藤本弘。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に藤子不二雄として活動。「オバケのQ太郎」、「パーマン」をはじめとした作品を多く世に出しました。その後、様々な理由によりコンビを解消し藤子不二雄(後に改名)を名乗り活動。 藤子不二雄名義時代からの作品「ドラえもん」などの執筆を行います。1996年9月23日、肝不全により未来の住人となりました。享年62。

作風

デビューから筆を擱くその時まで、常に児童漫画の第一線で活躍しつづけた藤子・F・不二雄。同世代の漫画家が児童漫画家として出発しながらも次第に作風を大人向けに変える中、最後まで児童漫画にこだわった稀有の存在でした。手塚治虫に強い影響を受けたそうですよ(*^_^*)作品の形態はほとんど一話完結か短編であり、初期を除けば単行本1冊分(大長編ドラえもんなど)を超える長さのストーリーのものはほとんどないそうです。自らの作品のSF性を厳密な「サイエンス・フィクション」ではなく、日常性に根ざした「すこし・ふしぎ」であると称していました。

ヒット

初めての大ヒット作である「オバケのQ太郎」以降、日常に紛れ込んだ非日常の存在が巻き起こすドタバタギャグのパターンを確立し、多くのヒット作を生みだしました。その一方、大人向けのSF短編も手がけていて、こちらの知名度は児童漫画に劣るものの、(狭義の)SFファンからも高い評価を受け、アニメ化、舞台化もされています(*^_^*)多趣味で読書家であり、トキワ荘の仲間である赤塚不二夫は「俺が漫画を書けたのは藤子にいろいろ教わったおかげ」と語っています。とくに恐竜、西部劇、落語、模型製作などのモチーフは作品の中に繰り返し用いられました。

作品一覧

  • パーマン(1966年 - 1968年、1983年 - 1986年)
  • ドラえもん(1970年 - 1995年) 大長編ドラえもん1980年 - 1996年
  • キテレツ大百科(1974年 - 1977年)
  • きゃぷてんボン(1976年)
  • エスパー魔美(1977年 - 1978年、1979年 - 1983年不定期連載)
  • 中年スーパーマン左江内氏(1977年 - 1978年)
  • T・Pぼん(タイムパトロールぼん)(1978年 - 1979年、1980年 - 1983年、1984年 - 1986年)
  • ミラ・クル・1(1979年)
  • 宙ポコ(1983年)
  • 宙犬トッピ(1984年)
  • チンプイ(1985年 - 1991年)
  • 未来の想い出(1991年)

など多数の人気作品を生み出しています(*´д`*)

関東を楽しむ
上に戻る